バスケシュート練習法

バスケシュート練習法

バスケシュート練習法

バスケシュートの練習法ですが、まず、ゴールに向かって立ち、その際、
ゴールに正対する立ち方でも、半身になる立ち方でもどちらでも
かまいません。

 

次にシュートをする側の手をゴールに向け、腕を真っすぐに伸ばします。

 

そして、真上に指先が向くようにして、肘を曲げ、手の平はゴール方向
に向けます。

 

そして、手の平が顔とゴールを結ぶ線上にくるようにします。

 

そうすると、視界が遮られて、ゴールが見えない状態になります。

 

次にゴールが見えるように手の平の位置を上に持っていき、より高い位置に持っていけば、
ディフェンスからブロックされにくいフォームとなります。

 

低い位置の場合、素早いシュートを打つことが難しくなります。

 

この状態から手首を曲げて、指先が真上に向くようにし、手の平が真上に向くように
手首を曲げます。

 

その時、指先はちょうどゴールと正反対の方向に向いています。

 

その状態で、ボールを手にのせ、指先を大きく広げ、ボールに指先だけが触れるような
感じにします。

 

ボールを持つ手と反対の手は、ボールの横に添えるだけです。

 

シュートの構え方のポイントは、肘をゴール方向に向けること、ボールには指先だけが
触れていること、手首をしっかり曲げ指先はゴールと正反対の方向を向いていることです。

 

これらのことを踏まえてしっかり練習していきましょう。

 

バスケットボールが最短で上達する練習法

 

【NBA解説者】中原雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

 

1日30分!バスケ上達30日プログラム!

 

自宅で一人でも出来るバスケットボール上達法が
人気の秘密!

 

日本リーグ4連覇の偉業を達成するなど輝かしい選手時代
と共に、指導者としても母校を大学史上初の優勝に導くなど、
選手の個性を生かしたチーム作り、手腕に定評がある
中原雄氏のバスケ上達法!

 

現在は、選手の指導をする傍ら、NBA中継、CS放送など国内外のバスケットボール解説者としても活躍。

 

NBAにも精通し、一流選手が取り入れているトレーニング法などプロの練習方法も熟知している。

 

ディフェンスやリバウンドまで、各スキルアップで悩んでいる方に「NBA選手も実践している
一人でできる練習方法」を公開!

 

【NBA解説者】中原雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

 

バスケットボールの効率的な練習法から短期間で選手が上達する指導法!

 

倉田伸司の〜考えて走るチームをデザインするチーム造り〜

 

バスケットボール指導の秘訣を公開!

 

簡単に実践できる!練習に夢中にさせ、楽しみながら
「勝てるチーム」を育てられる「バスケットボール指導の秘訣」
を取り入れて、 スピーディーに敵陣に攻め込むチーム作りを
今回初公開!

 

実践方法がシンプルで、即試合で通用し、またバスケット指導
経験がない人でも、仕組みさえ理解できれば、すぐに子供に
教えられます。

 

難しいバスケットボールをシンプルにした方法なので、初心者の新入部員でも簡単に実践できます。

 

この方法なら、遠回りせずに最短で指導のコツがわかます。

 

倉田伸司の〜考えて走るチームをデザインするチーム造り〜



ホーム RSS購読 サイトマップ