高校バスケットボール指導法

高校バスケットボール指導法

高校バスケットボール指導法

高校のバスケットボール指導法ですが、まず、アップ
をさせ、その後、ボールなしで動きの練習
をします。

 

次に、ボールを使って、ボールハンドリングやパスとドリブル
の練習をし、ボールを使っての走る練習をした後、
ドリブルからのリードパス、スリーメンなどを行います。

 

続いてディフェンスの練習に入ります。

 

そして次に、相手をつけて、パスやドリブルを行い、パスカット
されない、ドリブルカットされないように練習していきます。

 

続いてボール運びの練習をします。

 

シューティングは、個人のシューティングをはじめ、動きを入れて、オフェンスパターンを
作っていきます。

 

また、ゴール下のシュートはもちろん、ミドルシュート、ターンシュート、フリースロー、
ロングシュート、3点シュートなども行います。

 

オフェンスの基礎技術としては、ドリブルなしで攻める、あわせ、スクリーンなどを行います。

 

チームのオフェンスとしては、ゾーンを攻めたり、ボール運びを練習します。

 

最後に体力作りをして、クールダウンで終わります。

 

これらの練習を1日に全部練習するわけにはいかないので、適当に選択して指導して
いきます。

 

それぞれの種目について、ポイントを押さえ、正しく運動させるかどうかが、
強い高校チームにできるかとどうかのポイントになります。

 

バスケットボールの効率的な練習法から短期間で選手が上達する指導法!

 

倉田伸司の〜考えて走るチームをデザインするチーム造り〜

 

バスケットボール指導の秘訣を公開!

 

簡単に実践できる!練習に夢中にさせ、楽しみながら
「勝てるチーム」を育てられる「バスケットボール指導の秘訣」
を取り入れて、 スピーディーに敵陣に攻め込むチーム作りを
今回初公開!

 

実践方法がシンプルで、即試合で通用し、またバスケット指導
経験がない人でも、仕組みさえ理解できれば、すぐに子供に
教えられます。

 

難しいバスケットボールをシンプルにした方法なので、初心者の新入部員でも簡単に実践できます。

 

この方法なら、遠回りせずに最短で指導のコツがわかます。

 

倉田伸司の〜考えて走るチームをデザインするチーム造り〜

 

バスケットボールが最短で上達する練習法

 

【NBA解説者】中原雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

 

1日30分!バスケ上達30日プログラム!

 

自宅で一人でも出来るバスケットボール上達法が
人気の秘密!

 

日本リーグ4連覇の偉業を達成するなど輝かしい選手時代
と共に、指導者としても母校を大学史上初の優勝に導くなど、
選手の個性を生かしたチーム作り、手腕に定評がある
中原雄氏のバスケ上達法!

 

現在は、選手の指導をする傍ら、NBA中継、CS放送など国内外のバスケットボール解説者としても活躍。

 

NBAにも精通し、一流選手が取り入れているトレーニング法などプロの練習方法も熟知している。

 

ディフェンスやリバウンドまで、各スキルアップで悩んでいる方に「NBA選手も実践している
一人でできる練習方法」を公開!

 

【NBA解説者】中原雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法



ホーム RSS購読 サイトマップ