ジュニアバスケットボール指導法

ジュニアバスケットボール指導法

ジュニアバスケットボール指導法

ジュニアバスケットボールの指導法として大事なのが、ジャンプです。

 

そしてジャンプの方法には、ビッグ・ジャンプがあります。

 

これは、太ももの後ろとおしりの上の大きい筋肉を使ったジャンプです。

 

しかし、ジュニアの場合、身体が薄く、太ももの後ろとおしりの上の筋肉は
余り発達していないので、このジャンプは不向きと言えます。

 

もう1つは、 クイック・ジャンプがあり、これは、足首の反射とふくらはぎの筋肉を使ったジャンプです。

 

ジュニアは、体重が軽くて、足首が固いので、このジャンプをする子が多いようです。

 

いずれのジャンプも、腕の振り上げは補助的な上昇力を得るため、及びジャンプ中のバランスを
取るためのものになります。

 

足の筋肉の力を瞬間的に爆発させるたには、腕の振り上げは重要です。腹筋、背筋が弱いと
上体がふにゃふにゃになり、高く跳ぶこともジャンプ中にバランスを取ることもできません。

 

ジュニアの段階では体幹を鍛えるのは難しいので、腹筋や背筋を負荷の小さい方法で指導
するのがベスト
です。

 

走り込みは、自分の体重での地面から足への衝撃の緩和、足の蹴りのための種々の筋力、
走るフォームを保つための腹筋、背筋力などを養うために有効なので、指導すべきです。

 

バスケットボールの効率的な練習法から短期間で選手が上達する指導法!

 

倉田伸司の〜考えて走るチームをデザインするチーム造り〜

 

バスケットボール指導の秘訣を公開!

 

簡単に実践できる!練習に夢中にさせ、楽しみながら
「勝てるチーム」を育てられる「バスケットボール指導の秘訣」
を取り入れて、 スピーディーに敵陣に攻め込むチーム作りを
今回初公開!

 

実践方法がシンプルで、即試合で通用し、またバスケット指導
経験がない人でも、仕組みさえ理解できれば、すぐに子供に
教えられます。

 

難しいバスケットボールをシンプルにした方法なので、初心者の新入部員でも簡単に実践できます。

 

この方法なら、遠回りせずに最短で指導のコツがわかます。

 

倉田伸司の〜考えて走るチームをデザインするチーム造り〜

 

バスケットボールが最短で上達する練習法

 

【NBA解説者】中原雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

 

1日30分!バスケ上達30日プログラム!

 

自宅で一人でも出来るバスケットボール上達法が
人気の秘密!

 

日本リーグ4連覇の偉業を達成するなど輝かしい選手時代
と共に、指導者としても母校を大学史上初の優勝に導くなど、
選手の個性を生かしたチーム作り、手腕に定評がある
中原雄氏のバスケ上達法!

 

現在は、選手の指導をする傍ら、NBA中継、CS放送など国内外のバスケットボール解説者としても活躍。

 

NBAにも精通し、一流選手が取り入れているトレーニング法などプロの練習方法も熟知している。

 

ディフェンスやリバウンドまで、各スキルアップで悩んでいる方に「NBA選手も実践している
一人でできる練習方法」を公開!

 

【NBA解説者】中原雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法



ホーム RSS購読 サイトマップ